次のタグのアイテムを表示しています: Joomla!

2020年9月16日、菅内閣が発足しました。
これに伴い「デジタル庁を創設する」という方針が話題になっています。

新型コロナウイルスは、日本が「IT後進国」であることを露わにしました。この遅れは、今現在はもちろん、今後の国益をも損なう要因となり得るものであり、デジタル庁の創設という動きは大変歓迎すべきだと思います。

さて、この方針を推進するために任命された、平井卓也デジタル改革担当大臣
このところのテレビ出演等における発言に関心を持って見ているのですが、その発言には安定感があり、これまでの大臣にはあまりなかった発想の柔軟性を感じるので、個人的には平井大臣への信頼感と期待感が高まっています。

今回のブログでは、デジタル庁が...

タグ:

Joomla! を採用する理由の中で、最大の部類に入るものが「アクセス権」制御のきめ細やかさです。
個々の登録メンバーをアクセス権で制御できることで、サービスの選択幅が広がり、様々にウェブサービスを展開しやすくなったり、また種々のサービスを連携させることが出来るようになります。

今回のブログでは、このアクセス権制御に係る「ユーザグループ」と「アクセスレベル」についてご紹介します。

タグ:

このところ、ようやく「サブスクリプション」という言葉が日本でも定着し、略して「サブスク」などと表現されるようになりました。実は 4CREATOR JAPAN では、ウェブサイト上の仕組み、ビジネスの仕組みとしてこのサブスクリプションを2005年頃から取り入れており、今現在もオウン・メディア「STAGLEE」内で稼働させております。

今回はこのサブスクリプションについて掘り下げてみようと思います。

現在運営なさっているホームページが「従来型HTMLサイト」で、CMS ではない場合、CMS という用語そのものが未知なるものであり、全く概念が分からないとしても無理はありません。
CMS とは、Content Management System の略称で、日本語では「コンテンツ管理システム」と表されます。

では、コンテンツ管理システムとは、一体なんでしょうか?また従来型のHTMLサイトと何が違うのでしょうか?

タグ:

最近改めて気付いたのですが、比較的歴史の長い会社・団体のホームページを運営されている方の一部には、どうやら盲点があるようです。

日本にインターネットという言葉が浸透するようになってから早20年以上の月日が流れていますが、その間にあらゆる面でウェブ技術は進化を遂げています。ところが、比較的早い時期にホームページの構築および運営に着手された会社・団体は、今や旧仕様としか呼べないような環境の中で、非効率なサイト運営を行なっている実態があるのですが、新仕様の情報が届いていないのか、その非効率さに気が付けていないように見えます。

一概に言うのは間違いかもしれませんが、感覚的には4~5年前に構築されたホームページであれば、必ずや...

タグ:

本年は、本当に何かと忙しく、なかなかブログを更新できずにおります。

そんな最中、新規クライアント様からお問い合わせを頂きました。Joomla! でウェブサイトを構築したものの、担当者が辞めてしまい、システム更新や記事更新が滞ってしまい困っているとのこと。

時折、こうした既存の Joomla! サイトのシステム更新についてご相談を頂くことがあるのですが、実はなかなかお引き受けするのが難しいのが現状です。その最大理由は、「リスキー」その一言に尽きます。なぜリスキーかと申し上げますと、以下のような事が考えられるからです。

Joomla! のエクステンションの中には定番的なものがいくつかあります。
その中のひとつに「K2」があります。K2 は、その全貌を理解するまでは「Joomla! の記事作成と何が違うの?」とか「わざわざインストールする必要があるの?」とか思ってしまうかもしれませんが、K2 無しでは出来ないシステム構築の方法があり、4CREATOR JAPAN でもいくつかのプロジェクトで採用してきました。

Joomla! の記事作成に、カスタム・フィールド作成機能が付いたときには、いよいよ K2 の役目も終わりか、と一瞬思った時期もありましたが、やはり K2 独自のアクセス権限制御が重宝する場面が多々あり、未だ定番として存在し続けています。その K2 が1週間ほど前に新バージョンをリリースしたということで、早速チェックしてみました。

以下は、K2 が発表しているリリース情報の一部を Google で自動翻訳したものです。

もうかれこれ Joomla! と出合ってから10年以上の付き合いとなり、Joomla! を使わない日はないというくらい毎日接していますが、未だに新しいチャレンジや学びがあります。Joomla! だけでなく、サーバーなど Joomla! を取り巻く環境も刻々と進化していくので、当然といえば当然です。

昨日はまた「新たな試み」を行い見事成功したので、それについて書きたいと思います。

このところ、独自に展開をしているウェブサービスに注力しているのですが、このサービスは正にウェブアプリケーションの塊で...

タグ:

Joomla! にしても WordPress にしても、PHP 言語によって構築されている CMS やそれに準ずるシステムは、基本的にウェブ上で動くウェブアプリケーションである、という根本を忘れがちです。

ウェブアプリケーションである、ということは、当サイトでも度々述べている通り、アプリケーションのバージョンアップは避けれは通れず、追随していく必要性がある、という事ですが、それ以外に見落としがちな重要な点があります。

それはサーバーの環境によってシステムの能力が十分に発揮できない事がある、という点です。

PHP言語で書かれたウェブアプリケーションは、サーバー内でその PHP ファイルを読み取り、解釈し、実行していく機能と、各種データを収めるデータベースが必要です。それらのサーバー環境を構成する一つ一つの要素もまた、プログラムされたものであり、Joomla! 同様、バージョンがあります。

今なお使われている PHP 5 は過去のバージョンだ、という事実をご存知でしょうか。
現時点で PHP 5.6 については、セキュリティーアップデートを受けられますが...

タグ:
2017/09/20(水) 09:39

Joomla! 3.8 リリース!

Joomla! 3.8 が正式リリースされました。
今回の更新内容を見てみると、一般ユーザにはあまりピンと来ないものが多いようです。

実際、開発者やウェブサイト制作者にとっては無視できない内容が含まれているのですが、一般ユーザにとってはおそらく変化はあまり感じられないことでしょう。と言いますのも、目に見える部分の改良ではなく、内部の構造的変更が行われている内容だからです。

タグ:
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン