新型コロナウイルスに負けないビジネス戦略

 2020/02/25(火) 09:35  

このところ、ニュースは新型コロナウイルス一色の感があり、経済活動に様々な影響が出ているのは周知の通りです。

そんな昨今は、リモートワークとかテレワーク、在宅勤務等々、呼び方は色々ありますが、ともかく会社という場所以外でも仕事をしてみましょう、という流れが半ば強制的に行われる事態となっています。

そんな状況において役立つのが、4CREATOR JAPAN が提唱しているウェブサイトです。
ウェブサイトは、単に情報発信ツールという役割だけでなく、ビジネスツールとして機能させることができる、ということを本サイトで度々お伝えしている訳ですが、今回のブログではその実例をご紹介していきたいと思います。

まず前提ですが、4CREATOR JAPAN は、CMS のひとつ「Joomla!(ジュームラ)」をベースにウェブサイトを構築しています。この Joomla! は、WordPress の勢いに押されて、日本ではさほど知名度は高くはないのは事実ですが、世界的には第2位のシェアとなっています。

全体を見渡せば、圧倒的に小規模なサイトが多いので、WordPress のシェアが高いのはある意味必然なのですが、中規模・大規模サイトに適した CMS という視点で見れば、Joomla! は断然お勧めであり、4CREATOR JAPAN は、この中・大規模サイトの需要にお応えしております。

Joomla! では、アカウント登録機能が標準で備わっており、また個々のアカウントに対してきめ細やかな「アクセス権限」を設定できることが特徴のひとつとなっています(ウェブサイトにログインをした方のアクセス権に応じたウェブサービスを提供します)。

このアクセス権を制御することで、対外的な場面だけでなく、社内メンバーにもアカウント登録を行ってもらい、内部的にウェブサイトを利用することが可能なのです。

フォーラム

オンライン上でディスカッションが可能となります。
必要に応じてテーマを掲げ、そのテーマに対し個々のメンバーが投稿していきます。ファイル添付も可能ですので、必要な書類を共有することもできます。

また、テーマ毎にアクセス権限を設定することで、社内の中でもさらに閲覧や投稿が行える範囲を限定することも行えますので、グループ単位で情報を保護することができます。

ライブラリー(ファイル管理)

ウェブサイト上に、書類(PDF等)を保管するライブラリーを設けることができます。
ペーパーレス化に役立つことはもちろん、いつでも何処でも、アクセス権限がある人はライブラリーから必要な書類等を取り出すことが可能となります。

ライブラリーに情報をアップロードする場合、アップロードできる人を限定することも可能です。

スケジュール

イベントカレンダーを設置してスケジュールを共有したり、各種イベント参加の申込受付を行ったりすることが可能です。

以上はほんの一例ですが、Joomla! を使えば、ビジネスツール(社内ツール)として機能させることができる、ということについて少しはご理解をいただけたのではないでしょうか。

2016年に書いた「SharePoint の機能は Joomla! で代替可能!」という記事がありますが、こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

昨今では、Slack など利便性の高いツールも存在しておりますが、情報管理という観点で不安を覚える方もおられます。その点、自社サイト内で情報がアップされる(サーバーが限定される)システムであれば、セキュリティーについても管理が容易になる、という考え方も成り立ちます。

4CREATOR JAPAN は、リモートワークやペーパーレス化をサポートするウェブサイト構築も行っておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

最終修正日 2020/02/25(火) 10:21
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン